top of page

筋肥大にモビリティ(可動性)がどれだけ重要か



以下、思い当たる人は要注意です。


・定期的にトレーニングで怪我をして休む

・特にデッドリフトやスクワット、ベンチプレスで怪我をする

・背中のトレーニングが効いているかわからない

・ショルダープレスで強くならない

・僧帽筋ばかり発達してしまう

・肩幅が広くならない

・お尻の筋肉が思うように成長しない

・膝がよく痛くなる


上記どれかにYESと答えた人、

筋トレの前に準備運動はしていますでしょうか?


実はモビリティ(可動性)が悪いことが

多くの場合原因になっています。


運動前にモビリティエクササイズを5分やるだけで

こんなにメリットがあります。


・筋トレの効きが良くなる

・可動域、柔軟性向上

・怪我のリスク軽減

・やる気が出る(交感神経優位になる)

・強くなる

・姿勢が良くなる

・アップの量が減らせる


ストレッチに見えますが、

軽い筋トレだと思ってやるのがポイントです。


デッドリフトやスクワットで半年に1回腰を痛めてた自分が

モビリティをやるようになってからは


何年も(トレからの)怪我はしなくなりました。


逆にやらないと、体の動きが段々悪くなって

可動域が狭くなります。


頻繁に怪我をしてしまい

筋トレを休んだり、体が歪んだり、


筋肉を成長させる機会を失い、

筋肉の付き方もアンバランスになります。


よくあるのが、肩の可動域が狭く、

ショルダープレスが無駄に重く感じたり


腰回りが硬く弱くてデットリフトで

腰が痛くなるパターンです。


肩甲骨も動かず、背中の効きが悪くなります。


実は体の動きが悪いだけで、

筋肉の成長機会を多く失っているのです。


逆に可動性がよくなると、

関節の動きをしっかり連動と分離できるようになり


スクワットやデッドのような難しい筋トレはもちろん、

アイソレーション種目も効かせやすくなります。


動画は自分が個人的にやってる

上級者向けのルーティンです。


コーチングやパーソナルトレーニングでは

初心者もできるバリエーションも教えています。


________

パーソナルトレーニング

東京五反田駅徒歩4分

以下の悩みがある方向け


・ビッグ3が伸びなくなった

・特定の筋肉に効かせられない

・ポージングをカッコよくしたい

・減量や増量が進まない

・体がかたくて怪我が多い


以下も行っております。

・オンラインコーチング新規募集中

・NEW ポージングのオンライン指導

・NEW ポージングの振付

・今だけ格安で写真撮影依頼できます


詳細・予約はプロフのURLより

お問い合わせはDM、又は公式LINE

@671aoojk

________

閲覧数:15回0件のコメント

Opmerkingen


bottom of page