top of page

休まないと筋肉が落ちる可能性かも!?インターバルの重要性



筋トレと有酸素運動の違いって

ダンベルとかバーベル持つかどうかではなく、


「休む」(インターバル)かどうかです。


セット間でしっかり休まないと

ただウェイトを使った有酸素になります。


筋肉が限界まで追い込まれるか

心肺機能が追い込まれるかによって


筋肉が強く太くするか、

燃費効率化の為、筋肉を落とすか、


何故かというと


定期的に筋肉が追い込まれる場合、

体は筋肉を強くしないといけない!という反応します。


定期的に心肺機能が追い込まれると、

エネルギー消費が激しいから低燃費状態にしないと!という反応になります。


筋肉自体、カロリーを消費するので、

余分な筋肉は削ぎ落とされます。


休むか休まないかで

体の適応の仕方がここまで変わります。


特にこういう人は

インターバルを短くしてしまいがちです。


・これまで有酸素運動メインだった

・運動はキツくないとダメだと思っている

・テンションが高くて落ち着きがない

・筋トレでカロリー消費がしたい

・筋肥大じゃなくシェイプアップがしたい

(同じことなのに)


筋トレは運動してる時間より、

何もしない時間の方が多いから意味があります。


1分のインターバルで筋肉のパフォーマンスが

大体90%回復すると言われています。


90%から95%まで3分以上、

10分近く休めば99%回復できるかもしれませんが


99%回復させて5セットしかできないより

90%でその部位を10セットやったほうが筋肥大します。


時間効率、他人への迷惑のかけ具合も考慮しましょう。


最低でも1分休憩して、重いスクワット等、

心肺機能やその他の組織も回復が必要な種目は


1分半から3分と長めに休んで、

しっかり力出せるようにしましょう。


以下ざっくりとした目安です。


・狙った筋肉でまた力出せる気がするか

・補助的に使われる筋肉も力出せる気がするか

・呼吸が落ち着いているかどうか

・精神的にまた頑張れる気がするかどうか


________

パーソナルトレーニング

東京五反田駅徒歩4分

以下の悩みがある方向け


・ビッグ3が伸びなくなった

・特定の筋肉に効かせられない

・ポージングをカッコよくしたい

・減量や増量が進まない

・体がかたくて怪我が多い


以下も行っております。

・オンラインコーチング新規募集中

・NEW ポージングのオンライン指導

・NEW ポージングの振付

・今だけ格安で写真撮影依頼できます


詳細・予約はプロフのURLより

お問い合わせはDM、又は公式LINE

@671aoojk

________







閲覧数:14回0件のコメント

Comments


bottom of page