top of page

【大会の危険性】出場する!と決める前に知っておくべきこと

更新日:2019年9月3日


筋トレを初めて身体が大きく変わった!

新たな目標が欲しくて大会に出てみたい!


フィジーク、ボディビル、ビキニなど

フィジーク競技の大会は大きなモチベーションになります。


減量する理由にもなり

新たな領域で身体づくりにチャレンジできます。


しかし、大会出場について

予め認識しないといけないことがあります。


それは精神的にも身体的にも

めちゃくちゃ不健康だということです。


ナチュラル(アナボリック・ステロイド不使用)でも

ユーザー(ステロイド使用)でも同じです。


長期的なダメージを負う可能性があります。



体脂肪率を下げる過ぎるとホルモンバランスが崩れる


体脂肪率を5%近く(女性の場合15%以下)に下げると

ホルモンバランスが崩れます。


男性の場合、テストステロンが下がりすぎて

低テストステロンの症状が出ます。


憂鬱、怒りっぽくなる、ED、気力の低下。


女性の場合は生理不順や生理が止まります。

ストレスホルモンが活発になり、


過度なむくみや、抜け毛などいろんな症状が出ます。


大会が終わって元に戻れば

半年ぐらいで復活しますが、


中には脂肪をつけることに抵抗があり、

長期間ダイエットを続けてしまい


ホルモンバランスが戻らなくなる場合もあります。

低テストステロンはQOLに大きなダメージを与え、


何年も生活に支障が出てしまうケースもあります。

筋肉も落ち続けてしまい、筋トレの進歩も停滞。


ユーザーの場合は外部からテストステロンを注射しているので

短期的な症状は回避できるものの、


長期的な健康へのリスクは

大きくなる可能性があります。


どっちみちホルモン分泌を狂わせるなら、

ステロイドを使って結果がでるようにしたほうがよい


という意見もあるぐらいです…



摂食障害になるリスクがある


大会出場者の4分の1が摂食障害になると言われています。

私もなりました。


ずっと極端なダイエットを続けたり、

身体の見た目にこだわりすぎてしまったり、


理由は様々ですが、稀ではありません。

特に神経質なタイプ、極端なことをするタイプ、


気が強く自分はなんでも耐えられると思っている人が

なりやすい傾向にあります。


リバウンドから軽い過食症に発展し、

それを補うためにまた極端なダイエットをし、


それが繰り返されると摂食障害に発展していきます。


摂食障害になってしまい

専門家で治療に専念しないと何年も人生を無駄にしてしまいます。



大会間際の脱水症状


大会当日は皮膚を薄くして筋肉を際立たせます。

数日前から糖質制限、塩分制限、水分制限をして

脱水させて、前日と当日はほぼ水を飲まない


水分調整をするのが一般的です。

かなりキツイですし、もちろん健康に良くありません。


熱中症になったことはありますが、

ほとんどの場合、長期的なダメージにはつながりません。




私生活の犠牲が多い


大会までに体脂肪率を5%近くまで落とすということは

何か月もダイエットするということです。


短期間でダイエットしようとすると

極端なことをしないといけなく、


リバウンドや摂食障害のリスクが高くなるだけです。


何か月も外食、飲み会、付き合いを犠牲にして

好きなものを我慢して、ハードにトレーニングして


イライラして、低テストステロンになって

人間関係や仕事、結婚生活が壊れていくことも稀ではありません。


お金もかかります。

出場日、登録料で2万円。

タンニングで最低でも2万円、スプレータンニングで2万円弱、


ポージング、コーチング、サプリメント、

ユーザーの場合は薬代で数万から数十万、


ビキニの衣装で数万円、

髪の毛のセット、ネイル代…


大会で思うような成績になれなかったり、

優勝してもトロフィーとプロテインをもらうだけです。


個々の価値観によりますが、

はたから見たらコスパはよくありません。


ベテラン選手は人生が大会中心になっていたり、

ストレスへの対応が上手いのですが、


初めての大会だと、いろんなハードルがあります。

みんながそうであるとは限りませんが、


よい成績を残したいのなら

犠牲にすることが多くなる覚悟は必要です。



結論: それでも本当に出場したいならやるべき


上記を認識した上で、それでも大会に出場したいなら

ぜひ出てみるといいかもしれません。


頑張って作り上げた体を作品として

ステージに立つのは楽しいかもしれません。


いろんな知り合いも増え、

フィットネスコミュニティの人脈も増えます。


優勝するのも、もちろん最高の気分です。


成績関係なく、経験のために挑むなら気にしなくてもいいですが、

本気で挑むなら上記のリスクを把握した上でやるべきです。


やはり一人でなんとなくやるより

経験者のガイダンスの下で大会に出場すると良いです。






閲覧数:66回0件のコメント
bottom of page